にゃん子のりり姫

福岡市のアーユルヴェーダ&アロマエステサロン~プラーナPraana~です。

今回のイネイト活性療法のお客様はりり姫。

りり姫は腎不全を患っておりご飯を最近召し上がらないとの事。

本当はすぐに入院と言われましたが、りり母がどうしてもその前にイネイト活性療法を受けたいとの事で、

「一旦家に帰ってきます。」と動物病院の先生に言って、その足で私のサロンへ。

猫さんの腎臓病はとてもメジャーな病気で、しかも気づきずらいとも言われております。

2年前から腎臓で通院されていましたが、食事をとらなくなってからは、ほぼ毎日通院されているとの事。

イネイト検査でまず一番初めに出たのは左肺でした。続いて尿細管のつまり、左右腎臓、大腸、胃を治療。

寄生虫が沢山出て参りましたので今日のとれる分は全て除去。

特に血液中のAIM(タンパク質)が働かないため、尿管に細胞の死骸が詰まり腎機能が低下していると、イネイト活性療法で検知されたので、AIMの働きを回復。

するとりり姫、自分からハウスを出て、動き始めました。また泣くこともあまりなかったとの事なのに、にゃ~と何度もお話し始めます♡

嬉しい変化ではありますが、りり姫はいったん3日間の入院をされます。

のちにりり母に聞いたところ、腎臓の数値が3日間で劇的に変化したので、動物病院の先生が

「こんなに急に変化するかな?」と独り言を言われていたそう。

りり母は心の中で、

「きっと湯川先生のおかげ」とつぶやいてくださったそうです(>_<)♡

そして退院されてから2度目のイネイト活性療法の遠隔治療。

今回のイネイト活性療法検知では、歯周病菌が出ました。歯周病菌だけで悪さをすることはあまりありませんが、他の菌と交わると重篤になることがありますので、ご注意いただきたい菌の一つです。

のちに歯磨きをしているかの問いかけにされていないとの事で、舐めるだけでOKの歯磨き粉を伝授。

また下行結腸のつまり等出たので、便通をお聞きしました。

腰髄、延髄も整えてイネイト活性療法の遠隔終わり。

すると嬉しいラインが!!

自力でりり姫、ご飯を召し上がりました(*^▽^*)

とりあえず食べられるようになっただけでも未来は明るい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

こちらこそ、元気にするお手伝いをさせてもらって感謝です。

皆様の今日が、ご家族が、大切なペットさんも、幸せで輝きますように🍀
YUMI

関連記事

  1. 倫理法人会
PAGE TOP